2019年度 総会資料(5) 2019年度 事業計画

1 活動目標 
(1) 同窓会事業への会員参加の促進
「親睦事業・会費検討会」の答申を受け、新たに取り組みを始めた各種事業の一層の充実を図るとともに、継続事業を確実に推進し、会員の参加を呼び掛けて行く。

(2) 小田高創立百二十周年記念事業の実施準備
2020年に母校が創立百二十周年を迎えることから、学校、PTA、同窓会の3者で実行委員会を組織し、記念事業の実施に向けた準備に取り組む。

2 委員会の活動
(1) 総務委員会

  • 平成31年4月新入生に入学記念品(小田高歌集CD)を配布する。
  • 2019年5月樫友祭において、「活躍する同窓生」展示を実施する。
  • 2020年3月卒業生(高72回)の同窓会入会用パンフレットを配布する。
  • 2020年3月卒業生(高72回)に卒業記念品を贈呈する。
  • 同期会を結成した卒回に対し、同期会結成補助金を交付する。
  • 会員名簿情報(住所変更、物故者、新会員登録、教職員異動など)を随時更新する。
  • 会員管理ソフト「幹事長」のデータを更新し、同期会への住所情報支援等の利便性の継続を図る。

(2) 交流委員会 

  • 2019年度樫友祭(小田高ホームカミングデー)の実施
    • 実行委員会を組織・運営し、2019年5月12日(日)に開催する。
  • 会員の親睦を深める交流事業の実施
    • 「第10回自然環境フォーラム」2019年6月16日(日)小田原高校視聴覚室
    • 「樫友ウオーク」
      第7回 2019年11月23日(祝)
      第8回 2020年3月の土曜日
    • 「樫友セミナー」
      新たな実行組織を構成し、「活躍する同窓生パネル展」で紹介した方々に講演を行っていただくことなどを想定する。
  • 現役生徒を応援する下記交流事業を実施する。
    小田高音楽科が企画する「樫の葉コンサート」を支援する。
    助演同窓生出演料補助、記録CD作成を行う。
  • 2020年度樫友祭(小田高ホームカミングデー)の企画、準備を進める。

(3) 広報委員会

  • 会報「八幡山」31号を2019年12月に発行する。掲載内容は概ねこれまでの会報に準ずる。また、広告掲載の状況を見ながら、会員の情報発信と交流の場に相応しい掲載内容の充実を図る。
  • リニューアルした同窓会ホームページの周知を図るとともに、同窓会活動の周知、参加呼びかけの手段としての活用や、会員及び会員相互の情報発信の場としての利用を一層促進する。
  • 同窓会活動をより多くの方々に告知する目的で、樫友会フェイスブックページを作成し、すでに作成している樫友祭フェイスブックとの統合を図る。

  
(4) 資料委員会

  • 校史展示室等の公開
    企画展「旧制小田原中学をめぐる文学者たち~校友会誌『相洋』を読む~」を開催する。1年次保護者懇談会とPTA講演会での保護者の来場を促すため、PTAとの連携を図る。
  • 校史展示室・教材展示室の整備
    • 資料を保護するため、蛍光灯を紫外線の出ないLEDに取り換える。
    • 百周年記念映像や放送部番組作品を視聴できるように、映像コーナーの新設を検討する。
  • 図書展示室の開設
    貴重書を展示するガラスケース1台を設置し、樫友祭より図書展示室を開設する。
  • 生物標本群の管理・活用
    生物教材室にある絶滅危惧種等約 40 点のクリーニングを進め、キャプションを表示する。
  • 校史展示施設設置校(同窓会)連絡会
    横浜平沼高校真澄会、横須賀高校朋友会、横浜緑ヶ丘高校牧陵会と連携し、個 人会員を認める「校史展示施設研究協議会(仮称)」への改編を準備する。

(5) 校歌祭委員会

  • 第14回青春かながわ校歌祭は、10月12日(土)県立青少年センターで、鶴見高等学校鶴陵会会長が実行委員長となり開催される。
  • 校歌祭委員会は参加に向けて準備を進め、学校側の協力もお願いして教職員・在校生そして樫友会員と合わせ100名を超える出演者を目指す。
  • 演奏後の開催地近くの名所・旧跡等の見学会等は、本年も企画する。

3 その他
(1) 小田高祭への参加
2019 年6月8日(土)、9日(日)の両日、下記を実施する。

  • 校史展示室・教材展示室・図書展示室の公開
  • 一般教室に「同窓会コーナー」を設置し、樫友祭で実施する「活躍する同窓生」のパネル展示他を行う。

(2) 各各種役員に多くの女性が参加するように、引き続き呼びかけを行う。
(3) 米国メリーランド州ウォルト・ホイットマン高校との交流活動の支援を行う。
(4) 事務局員の複数化に向けた取り組みを引き続き進める。