令和2年度 常任幹事会 書面協議資料(7) 同窓会規約等の一部改正について

1 同窓会規約の一部改正
(1) 改正の内容
同窓会規約第18条第1項第4号に規定されている「資料委員会」の名称を、「史料委員会」に改正する。

(2) 改正の理由
「資料」には「研究・調査の基礎となる材料」(大辞泉)という幅広い意味があるのに対し、「史料」は「歴史研究の材料となる文献や遺物などの総称」(大辞泉)とされている。

「資料委員会」では、これまで小田高の校史資料を扱ってきており、特に、第二中学校・小田中の校史資料は、神奈川県の近代中等教育史料としての意味を持つもので、そうした史料を扱ってきていることから、委員会の名称を「史料委員会」に改正するものである。

2 同窓会委員会規程のうち、別紙部分の一部改正
(1) 改正の内容
同窓会規約の改正に伴い、同窓会委員会規程に規定されている「委員会の所掌事項」のうち、資料委員会の名称及びその所掌事項を改正する。

併せて、各委員会の所掌事項のうち、ホームカミングデーに関する部分を改正する。

(2) 改正の理由
同窓会規約の改正の理由にあるように、「資料委員会」の所掌事項とされる資料等の内容が、歴史研究に関する文献等を扱っていることから、委員会の名称の改正に合わせて改正するものである。

また、資料委員会の改正に合わせ、各委員会のホームカミングデーに関する部分を改正するものである。

同窓会規約等の一部改正の新旧対照表
※クリックで拡大します