• 体育館(右)と、2007年竣工の新校舎

令和3年度企画展「オリンピック選手の卒業生たち」

令和3年度 東京オリンピック記念「オリンピック選手の卒業生たち」中等教育史料館では企画展 「オリンピック選手の卒業生たち」を開催中です。
会期:令和3年5月9日(日)~令和4年4月30日(土)
個人やグループのご見学は、平日でも土曜日・日曜日でも可能ですが、新型コロナウイルス感染対策のため、事前予約制とさせていただきます。ご予約方法、定例公開日は「小田原高校中等教育史料館のご案内」をご覧ください。

令和3年度企画展 東京オリンピック記念「オリンピック選手の卒業生たち」」で展示の一部をご紹介しています。

「校史ガイド」を募集しています

定例公開日や平日・土日などに見学者をご案内する校史ガイドを増やしたいと思います。ぜひご登録をお願いいたします。小田高卒業生であれば、どなたでも登録できます。研修はありません。詳しくは「校史ガイドご登録のお願い(中等教育史料館)」をご覧ください。

樫友祭(小田高ホームカミングデー)・同窓会総会

日時 : 2021(令和3)年5月9日(日) 9:00~16:00
会場 : 小田原高校

同窓会総会
八幡山トーク 「人生100年 どう生きるか」
八幡山ステージ  「スベリー杉田 お笑いソロライブ」
八幡山コンサート  「パチャママ アンデス民族音楽 フォルクローレコンサート」

中等教育史料館・窓梅会資料室 : 南館3階

その他、キャンパスツアーなど。

イベントは終了しました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

→詳しいイベントの内容は樫友祭実行委員会のサイトをご覧ください
令和3年度 総会資料はこちら

神奈川県立小田原高等学校創立百二十周年 バーチャル記念式典

ポスター明治33年(1900年)4月25日に創立した神奈川県立小田原高等学校は本年、創立百二十周年を迎えました。

学校・PTA・同窓会が一体となって、前年度から「記念事業実行委員会」を設置して式典を中心とする記念事業の準備を進めましたが、新型コロナウイルス感染防止の見地から従来の形での式典を中止し、式典に関連する部分をWEBサイトで閲覧できる「バーチャル記念式典」として実施します。

百二十年の歴史を未来につなぐ試みをご覧いただければ幸いです。

会場はこちら→バーチャル記念式典特設サイト

同窓会報「八幡山」第32号

会報「八幡山」第32号(表紙) 会報「八幡山」第32号(裏表紙)同窓会報最第32号を発刊しました。
詳しい内容はこちらをご覧ください
→PDF版とバックナンバーは「最新号とバックナンバー」から閲覧できます

会報が届かない方は登録住所が間違っている可能性がありますので、現住所を同窓会までお知らせください。(→住所変更のお手続き方法は「住所変更のご連絡方法」をご覧ください)

同窓会だより

  • 「陽春の小田原城」 善浪迪先生画「陽春の小田原城」(中等教育史料館)

    小田高の美術教師だった善浪(よしなみ)迪(すすむ)先生の油絵「陽春の小田原城」を、12年ぶりに校史展示室に常設展示しました。 この絵画は平成3年、創立九十周年記念の同窓会事業として、善浪先生と親交があった高校11回・15 […]

  • 小田高百二十年史 『小田高百二十年史』のご案内

    母校は令和2年(2020)に創立百二十周年を迎えました。記念事業の一環として令和3年2月、『小田高百二十年史〜創立百十周年からの歩み〜』を発刊しました。百年史、百十年史と同様に、記念事業を記載し、思い出や感想をまとめた「 […]

  • 原三郎 令和3年度企画展 東京オリンピック記念「オリンピック選手の卒業生たち」

    令和3年度企画展 東京オリンピック記念「オリンピック選手の卒業生たち」 会期:令和3年5月9日(日)~令和4年4月30日(土) 会場:中等教育史料館・校史展示室(小田原高校南館3階) 入館料:無料 事前予約制です。ご見学 […]

会員ひろば

  • 【終了】「小田高11期生の自主“個”展」開催中

    日時 2020年11月16日(月)〜11月30日(月) 月~金 9:00~17:00 (休祭日閉館)   場所 「茶のまある」(宝安寺社会事業部ビル「まある」内)     テーマ1:「茂登山東一郎遺作絵画展」  晩年に至 […]

  • 高31回 同期会 延期のお知らせ

    2021年1月23日(土)に予定していた高31回 同期会は、コロナ禍の影響を考慮し、延期としました。延期後の期日は、あらためてお知らせします。 問い合わせ 同窓会「樫友会」メールアドレスへ kenyukai@odako. […]

  • 小田高第30回生 還暦同窓会を開催しました

    10月26日、先生4名と同期生131名の参加を得て、開催しました。 予定の2時間があっという間に過ぎ、校歌を斉唱し、卒後50年目の樫友会イベントへの協力を確認して、盛会裏に終了しました。