第12回 樫の葉コンサート「西 由起子 ソプラノ独唱会」 開催のお知らせ

「樫の葉コンサート」は、小田原高校音楽科が行う不定期なミニコンサートで、同窓会が、2016年度からコンサートの収録や謝礼補助などの支援を行っています。

9月に下記の通り、同窓生二人の音楽家の生演奏を在校生に体感していただくことを目的としたミニコンサートが開催されますので、同窓生の皆様にもご来場いただくようご案内申し上げます。

日時 2019年9月18日(水)12時20分~12時45分
場所 小田原高校 視聴覚室(集成館ホール)
出演 ソプラノ:西 由起子(高34)、 ピアノ:小松 愛(高62)
曲目 「旅立ちの日に」、「秋のあじさい」、「赤とんぼ」、「ゆりかごの歌」、「うぬぼれ鏡」

プロフィール
〔西 由起子〕
小田原少年少女合唱隊員として小2から高3まで10年間歌う。
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修了後ドイツに留学。
日本音楽コンクール声楽部門第2位、奏楽堂日本歌曲コンクール第3位、国際モーツァルト
コンクール(ザルツブルグ)女声部門第3位入賞など国内外で多数入賞。
《音楽の友ホール日本歌曲シリーズ》など歌曲コンサートを中心に宗教曲ソリストとしても
演奏活動を続けている。
CDに《星野富弘の詩による歌曲集〜二番目に言いたいこと》など。
日本演奏連盟会員。女声アンサンブルMint Flavours 指揮者。フェリス女学院大学音楽学
部及び大学院、玉川大学芸術学部講師。

〔小松 愛〕
フェリス女学院大学音楽学部演奏学科卒業。同大学ディプロマコース修了。
在学中、オーディション選抜により、学内オーケストラとピアノ協奏曲を協演。
03年日審ピアノコンクール中学生部門第一位、05年アジア国際コンクール高校生ピアノ部
門優秀賞、06年第一回南関東ジュニア・ピアノコンクールブラジル大使館賞受賞。
現在、音楽教室でピアノ講師として後進の指導にあたっている。また国内外のマスタークラ
スに参加し研鑽を積む他、声楽や管楽器の伴奏を務める等、幅広く演奏活動も行っている。

※入場無料です。同窓生でない方をご同伴いただいて結構です。
※ご来場の際は、エントランスホール事務室前で「樫友会」の名札を受け取ってご入場ください。
※本件のお問い合わせ先:
交流委員長・蛭田克美
電話:090-8478-0895
E-mail:hiruta@interhuman.co.jp